ダイエットをしたいけど、食事制限とかハードな運動するのはいやだし、なんか身体を悪くしないか不安になります。

腸活ダイエットが一時期話題となりました。
腸を知ることで、ダイエットが出来痩せることが自然と出来るんです。

腸に詳しくなることで、食べ物はもちろん食べることができますし、運動もそんなに激しく毎日やらなくても痩せていくんです。

腸は肝臓と密接な関係があります。
エネルギーの吸収はほとんどすべてを腸で行っています。

そんなことはみんな知ってるかもしれませんが、ダイエットには結構大事なことなんです。

その吸収したエネルギーは最初に肝臓を通って全身へと運ばれていくのですが、
肝臓は解毒をしていて、腸が弱ると悪い物質を外にうまく出せずに残ってしまい、結果的に肝臓も弱ります。

私が肝臓を意識するのってお酒を飲み過ぎて気持ち悪くなった時だけですね。

一番働き者なのに、いつも忘れててごめん!って思います。

でも治るとこれがもうびっくりするくらい気持ち悪かったことを忘れるんですよね笑

そうなると実はエネルギー消費量の3番目に多い臓器でもある肝臓がエネルギーを消費しなくなってしまい、痩せにくい身体になってしまいます。


これが「腸を健康にすることで痩せるということが言える理由なんです!」



腸で痩せる!具体的な方法

ダイエットを成功させるには腸を健康にすることのがコツです!
もちろん、こんな運動しなくても大丈夫です笑

1.食生活の改善

腸を語る上で最も重要なのは当然ながら食事。
善玉菌の好物、動物性のたんぱく質や脂肪分の多いのは身体にいい影響を与えてくれません。

適度に食べる分には良いですし、完全に抜く必要はこれも当然ながらありません。

そして腸の中には腸内細菌がたくさんいて、
この腸内細菌が腸にとって大事な役割をしてくれています。

この細菌を育てることも大事で、
善玉菌たちにとって食物繊維がその食べ物となります。

善玉菌は育ってくれると肌ははりがでて調子が良くなってくるので、
なんか若くなったねーとか言われるようになりますよ。

悪玉菌という名前なので、極端に0にした方が良いかというとそういう訳でもないので、動物性のたんぱく質もちゃんと摂りましょう。

なんだか私も潔癖なところがあって、悪は全部やっつけたくなる気持ちもあるんですが、
ここは抑えてください。必要悪でしょう。



食物繊維については、2種類があって水溶性と不溶性があります。

この割合を水溶性1:不溶性2とすることがバランスが良く理想的と言われています。

それぞれに特徴があって不溶性食物繊維というのはぼそぼそ、ざらざらとした触感が特徴です。

穀類や、野菜、豆類、きのこ類、果実、海藻などにも含まれています。

特徴としては保水性が高く、大腸の中で発酵分解されてビフィズス菌などが増えて腸内環境がよくなり、整腸効果をもっています。

水溶性の食物繊維と言うのはねばねばした食品などに含まれています。
昆布とか、わかめ、こんにゃく、里芋、大麦、果物とかに含まれています。粘性があるので、腸内をゆっくり移動します。そのためお腹が空きにくく、食べ過ぎを防いでくれます。

糖質の吸収をゆるやかにしてくれるため食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれます。

ちなみに特保で糖分の吸収を緩やかにするだとかで出てくる難消化性デキストリンはこの水溶性食物繊維に分類されます。

このデキストリンは何か特殊な技術で抽出したりするイメージがあったんですけど、
実は自然に存在しているんです。
特保で許可が表示の許可が出てるくらいだからと私の勝手な思い込みです。

名前からしてデトロイトメタルシティみたいな勝手なイメージなんですけどね。

なんか私の血糖値の上昇をおさえてゆるやかにしてくれるそうなので、イメージと合わない気がしますが、
お腹がすきにくくなって食べ過ぎを防いでくれたら嬉しいですね!

2.朝はコップ1杯の水を飲もう!

水分不足は便秘の原因の一つです。
水分が不足してしまうと身体は便からも水分を吸収するようになるため便が固くなって腸で動きが悪くなってきます。

なので、習慣的に朝起きたら、コップ1杯分の水を飲むこと。

胃に入った水の重さで大腸が刺激され、腸のぜんどう運動も活発になるようになります。
飲むのは常温が一番良いと思いますが、少しぬるま湯がいいです。

私冬とか起きたばっかりであんまり冷たい水飲み過ぎるとお腹が痛くなることがあります。

私は起きるとすぐにコーヒー飲んでるんですけど、
これは利尿作用があるので、水をそのまま飲むの苦手なので、
やっぱり牛乳とか何か違う方が良さそうですね。

ちなみに冬はホットミルクティー、ココアとか、飲んでましたが、どっちも利尿作用があるみたいです。

気になる場合のおすすめは麦茶かカフェインレスの飲料、白湯、ハーブティーがいいみたいですよ。

3.運動でインナーマッスルを鍛える

運動不足になって腹筋が衰えると、便を出す力も低下してしまって、良い結果にならないので、積極的に身体を動かすようにしましょう。

私もよく電車か車に乗っての移動、昼間はデスクワークがあったりと運動不足気味です。

でもハードな運動は必要なくて、内側の筋肉を鍛えるようにしましょう。

ムキムキは嫌だけど、内側の筋肉をつけるとボディーラインがキレイに見えるようになるから良いですよね!

具体的には立った状態で太ももを片足ずつ高くあけて10秒キープを4セットしていくなどです。


やり方はたくさんあると思うので、ここでは詳しくは紹介していきませんが、
インナーマッスルでも腸の周りの部分にある筋肉を鍛えることは痩せる身体作りに有効です。

仕事や家事の合間やウォーキングの際に、
意識してこの動作を取り入れてみると効果がありますよ。

ウォーキングで太もも片足あげて10秒キープしてるところで誰かと目があったら気まずいですけどね笑

4.入浴で体をしっかり温める

シャワーではなく、ゆっくりお湯に浸かって体の芯から温めるのも大切。

入浴は、質の良い睡眠やリラックス効果がだけではなくて、腸の働きを整える効果も期待できるといわれています。

お風呂の中で本を読む人もいるというのですが、私は本が濡れるのが怖くてできません。


みなさんどうなんでしょうね?カバーをつけたりするそうですが、邪魔に思います。

5.睡眠不足を解消

私たちの体は、副交感神経(リラックスしているときの神経)の働きによって、寝ているあいだの方が内臓が活性化するようになっています。

何かしらイベントとかライブとか緊張していたり、興奮状態って不思議とお腹って空かないですよね。

緊張の一瞬でお腹すいたー!って人を確かに見たことがない。ホッとすると思い出した方にお腹が空きます。

腸は睡眠中に、実は活発に動いているんです。
逆に寝不足で交感神経が高まると腸の活動は弱まり、便秘になりやすくなったり便秘を引き起こしてしまいます。

そのため、ダイエット中は睡眠不足に陥ったりストレスを溜め込んだりして、交感神経を優位にさせてしまうことのないように生活することも大切です。

ホッと一息ついたり、少し仮眠を取ったりして、リラックスする時間を作ってあげてくださいね。

忙しいとついつい睡眠とか食事とか雑になってきます。

こういう部分を気を付けるのが一番大事なことなので、
私にとっても忘れてしまいやすいので気を付けたいですね。

6.朝食を毎日食べる

腸の正しい働きを悪くする原因のひとつに、朝食を食べないことも挙げられます。

それは、起床後に胃の中に食物が入ることで休んでいた活発に動き出し、便が直腸に運ばれて排泄されるようになるためです。

私も忙しかったり、お酒飲んだ次の日とかどうしても起きる時間が遅くなると朝食をとらないことがあったりして、
それが習慣になると、このしくみが機能しなくなってしまいます。

朝しっかり食べるのが難しい時でも、朝食の代わりに野菜ジュースを飲むなどして、腸に刺激を与えるように意識することを忘れないようにしましょう。

朝食を抜いた方が痩せるっていうイメージを持っている人が増えているようです。

腸内細菌さんたちはきっとそのうちストライキを起こすかもしれません!

シリアルとかでも良いのでちょっとだけでも食べるようにしましょうね。

7.排便の習慣をつける

トイレに行きたいと思ったときに、つい便意を我慢してしまうことってどうしてもありますよね。

会議とか、学生ならテスト時間とかそういう時に限ってすごくいきたくなるんですよね。

そういう便を出そうと思ったときに腸の反応を無視する習慣をつけてしまうと、腸の機能が低下するんです。

トイレに行けないタイミングになったら便意をもよおして我慢しないように、朝は早めに起きて、自宅で排便を済ませるように習慣をつけると腸にとってもいい状態です。

ちょっとだけ早起きをして、出かける前の毎朝の習慣になると心も体も活動モードになってすっきりとした一日が始められますよ。



まとめ

・腸から痩せる具体的な方法
・食生活の改善をする
・朝はコップ1杯の水を飲む
・運動でインナーマッスルを鍛える
・入浴で身体をしっかりと温める
・睡眠不足を避ける
・朝食を抜かない
・排便の習慣をつける

腸にとって痩せる身体作りには生活習慣が大切なんですね。水を朝飲むこととか、意識していなかったりしたので、改めてこの記事が参考になったら嬉しいです。

食事をどれだけ気を付けても腸にとっては総合的な改善が必要になるので、
まとめてある内容に気を付けることで、
痩せる身体にどんどん近づいていきますので意識していってくださいね。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら