腸内フローラっていうのは腸内細菌のことをいいます。

フローラとかかかれているとちょっと難しいような感じがしますね。

ただ腸内細菌がお花畑のように見えるところから
フローラっていう名前がついてます。簡単ですね!

善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7

善玉菌と悪玉菌と日和見菌っていう3種類がいて
腸内細菌の内の7割が日和見菌
1割が悪玉菌で2割が善玉菌っていうのが非常にいいバランスといわれています。

おそらくワンちゃんも同じように
人と同じような比率になっているのではないかと考えられています。

日和見菌っていうのはあんまり聞いたことないと思うんですけど
多数派を助けるような菌で、いい時はいい効果を助けるんですけど
悪い状態になると悪い効果を助けてしまいます。

クラスメートとか、そういう人いるんじゃないですか?

これはどういうことかというと悪玉菌は通常1割います。

悪玉菌が増えて例えば2割になったとすると日和見菌は悪玉菌の味方になってしまいます。

善玉菌が2割だった場合、
善玉菌の味方なので、善玉菌の味方をして体のバランスが壊れないように助けてくれるような働きをしてくれます。

なので日和見菌というのは悪いことをしだすようになると一緒に悪いことをしだすので怖い存在ですが、

良い状態の時は一緒に良い状態を助けてくれるので、
いないと困るのです。

そのため悪い状態にならないように気をつけないといけません。

腸内フローラを整えるために

悪い状態に気をつけないといけないといわれてもどうしたらいいの?

そう思うと思います。

難しいような名前が出てきますが、
バイオジェニックス、プレバイオティクスという2つの効果で腸内フローラが整っていきます。

バイオジェニックス

まずバイオティクス。

納豆菌や乳酸菌などに含まれています。
主に身体にいい成分から抽出できます。

これをお腹まで届けることで、バイオジェニックスがお腹まで届くと免疫活性化が期待できます。

プレバイオティクス

フラクトオリゴ糖など善玉菌の餌になります。

当然餌が多ければ善玉菌が増えるので、上で書いたように、

善玉菌の割合が増えて、日和見菌が善玉菌の味方をしてくるようになるとバランスが取れて安定してきます。



腸は最大の免疫機関⁉

腸は最大の免疫機関ともいわれています。

そんなこといわれても信じられないと思いますよね。
私は疑い深いので、本当かなと思うので、調べました。

代謝機能に影響があるかを実際に実験をした結果があります。

腸内細菌を移植する実験をしました。

移植と聞くとなんか危ないイメージがあるかもしれません。なのでマウスを使ったんですね。

さて気になる、実験内容です。

・肥満のマウスの腸内細菌を取って、腸内細菌を持たない普通体型マウスに移植をするとどうなったかという実験です。 

→これは結果太りました。


・さらに普通体型のマウスの腸内細菌を取って、腸内細菌を持たない普通体型マウスに移植をするとどうなったか。   

→体型に変化がないという実験結果が出ました。

肥満マウスの腸内細菌→普通マウス →【太った】
普通マウスの腸内最近→普通マウス →【変化なし】


腸内フローラはこういった実験によって代謝に影響が証明されている。


肥満マウスの菌から普通マウスが太ったという実験結果から

・生活習慣病と関連性がある。

と推測されています。


これを見てわたしは自分のお腹に太らない体質の人の細菌を移植して欲しいと思うあたり危険ですよね。

でもなんで、痩せマウスの腸内細菌で実験した結果がないんだろう。

自宅で実験するわけにもいかず、これはナゾということになってしまいました。

これ自体には論文なんかも出されているようですが、人の身体ではまだわかっていないようです。

理由としては恐らく腸内細菌を身体に移しても安全なのかがわからないので、できないのではないでしょうか。

ワンちゃんでも腸内細菌を整えてあげれば、
免疫機能があがって病気になりにくいっていうことは人と同じように影響があるだろうと思います。


まとめ

・腸内細菌には3種類ある、善玉菌を増やすと良い。
・腸内フローラを整える2種類を紹介
・腸内改善で痩せる体質になる!?というマウス実験結果


なのでワンちゃんの健康のためにもバイオジェニックスやプレバイオティクスなどと書いてあるごはんをあげて、
腸内フローラを整えて元気な姿をみれるように、
ごはんを選んでいただければいいんじゃないかと思います。

腸内フローラなどは、人の身体にも関係する話ですので、善玉菌を増やすような食事に気を付けて頂けたら嬉しいです。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら