腸っていうと、便を出すだけだと思っていませんか?実はそれだけではないんですよね。


私は便秘で何年も通院をしていたことがあります。

医者に腸内環境が良くないというようなことを言われ、薬を使うと痛かったりして毎日普通に出せるようになりたいと思っていました。

そこから自分で腸について調べてみました。

食事に気を付けるだけで、長年の便秘から解放されたんです。

腸というのは3つの働き
・消化
・吸収
・排泄
している重要機関です、そのなかに腸内細菌がいます。

腸内細菌には3つの細菌
・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

偶然3という数字がかぶったのでちょっと嬉しいです。なんでも偶然揃うと嬉しくなるのは私だけでしょうか(笑)

まあ、腸内細菌というと3種類がいまして、そのうちの日和見菌は7割が日和見菌となっています。

善玉菌は良い腸内環境だと2割います。
悪い状態になると1割に近づいてしまい、
悪玉菌の割合が多くなってしまうと、肌荒れ、むくみ、便秘、冷え性、ニキビなどが出てきてしまいます。

なんかイライラすることもありましたが、そういうのも減りました。

美しい腸というのは善玉菌を増やすことで作っていけます。

作るというと、機械的な感じに聞こえるかもしれませんが、環境を整えるイメージですね。



腸内細菌を増やすにはどうしたらいいの?

腸と聞くと、最近は腸内フローラなんていう言葉を聞いたことがあると思います。

私もこの言葉はテレビなどで知ったような気がします。
なんか色々と食品でも試してみましたが改善されなかったんです。

色々やっても効かず、困っていた便秘ですが、改善されたんです。
それは合わせて一緒に食べることが大切だったんですね。
なぜ合わせて摂るのが大切なんでしょうか?


腸というととっても長い管状になっています。
消化したものはどんどん吸収されて、いらないものは便にして排出します。

ここには栄養と食べ物のカスがたっぷりあるので、細菌は繁殖しやすい環境なんです。

細菌というとなんか大腸菌とか悪いイメージをもっているかも知れませんが、悪さをするやつばかりではありません。

人間の消化できない栄養素を摂るために共生共存の関係があって免疫を高めてくれたりしています。

実は結構いいやつなんですね!

上で説明しましたが
善玉菌というのがいて、これが悪玉菌の増殖を抑えます。食中毒菌など感染の予防もしていて、免疫を高めてくれます。

よく聞く名前にビフィズス菌や乳酸菌、なんていうのがいますね。

免疫のことだけではなくて、腸の活動を高めてくれたり、ビタミンを作ったりしています。


幸せホルモン、セロトニンという神経伝達物質も合成してくれているからイライラを抑えてくれたり、睡眠もぐっすりとれるようにしてくれます。


悪玉菌には有害な物質を作り出したり、老化を促進させたりするのがいます。冷え性や肩こりがおこったりして、代謝が下がります。


肌荒れ、にきびなども出来る原因となっています。ブドウ球菌なんていうのが有名です。

日和見菌というのはその名の通り様子を見て、善玉菌と悪玉菌の多い方の味方をします。

優勢な方に加勢するので、体調が悪いときに悪玉菌が優勢になったりすると身体に悪さをします。



じゃあ善玉菌を増やすためにどうしたらいいの?

食物繊維が腸内細菌の餌となっているので、
主に発酵食品で育てることができます。

味噌、ヨーグルト、チーズ、納豆、キムチなどが発酵食品として有名ですよね。

そういった食材を使った料理を3つ紹介します。

・納豆キムチ どちらも発酵食品ですし、納豆にキムチを刻んで混ぜるだけの簡単に作れますね。

ごはんには食物繊維が取れるような大麦や玄米などが入っているものを使って炊いて大麦ごはんなんかと一緒に食べると摂りやすいです。

・大麦ごはん ここにレンコンなどをダイス状にカットして入れると触感も良くて食物繊維も一緒に摂れます。

・きのこたっぷり根菜のお味噌汁 さつまいも、里芋なども

食物繊維がたっぷりなので主に秋は食物繊維が多いものが旬です。

例えば栗とかさつまいもとか根菜類など、色の地味なものが美味しいですね。

最後に発酵食品を使って応用したレシピを一つご紹介します。

〇キムチーズ

白菜キムチ  100g
葉物野菜   約100g (レタス、きゃべつ、ほうれん草、春菊など)
ピザ用チーズ 50g
卵      1個
水      1/4カップ
小麦粉    1/2カップ
片栗粉    大さじ3
ごま油    大さじ1

1、 キムチは汁けがあればきり、食べやすい大きさに切。葉物野菜はキムチに合わせた大きさに切る。
たねを作る。
ボールに卵を割りほぐし、水1/4カップを加えて混ぜる。

2、 小麦粉1/2カップ、片栗粉大さじ3を一
度に加え、泡立て器で粉っぽさがなくなるまでよく混ぜる。
キムチ、葉物野菜、ピザ用チーズを順に加え、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせる。

3、 大きめのフライパンにごま油大さじ1を中火で熱して、作った生地を入れて全体に広げる。

4、 2分ほど焼いて、こんがりと焼き色がついたら、裏返す。さらに2分ほど焼き、両面に焼き色がついたら取り出す。
食べやすく切り、器に盛る。

完成イメージ



まとめ

・腸の働きは3つ
・腸内細菌の種類も3つ
・腸内細菌を増やすには食べ合わせが大切
・善玉菌の作るセロトニンでハッピー!
・善玉菌が増えるメニューを3つ紹介
・発酵食品のコンビネーションキムーズのレシピを紹介
・秋が旬の食材には食物繊維が多い

お味噌や、キムチを使ったお鍋なども秋から冬までに向けて食べやすいので、向いているんじゃないでしょうか。

大麦ご飯に栗を入れてみたり、さつまいもを入れたりするとバリエーションはいくらでも出てきますね!

最近は自宅で炊き込みご飯も減ってしまったかもしれません、炊き込みご飯のコツは少し気持ち程度水を減らして炊くことです。

多少失敗しても大丈夫!何度も作れば水加減は覚えます。

食物繊維に気を付けてキレイな美しい腸を目指していきましょう。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら