「添加物は体に良くない」なんて、聞いたことはありませんか?

添加物は身体に良くない、天然の物が良い…こんなうたい文句をネットで多く見かける事もあるでしょう。

でも、何がどうダメで何が良いっていまいちピンときませんよね。

私は以前ケーキを作る仕事をしていました。
添加物については学生の頃から勉強していて、職場でも添加物を使用する機会が多くありました。


しかし知識はあっても、自分の身体が添加物でどうなるかまでは知らなかったのです。

それが、あるきっかけで……「腸と添加物の入った食品って、もしかして関係があるんじゃないの?」と思うようになったのです。

そこで『腸内環境と添加物の結びつき』を体験した、私の話をご紹介します!



そもそも添加物とは

まず、添加物の説明がどうしても必要になってきますので、少し紹介しますね。

添加物は、それ自体が食品ではないのですが、
食品を作ったり、加工、調理する際に、目的に応じて使う物です。

『美味しい物を、安定した品質で、一人でも多くのお客様に』
という思いで提供側は使っています。
私も使っていた立場なので、よくわかります。

スナック菓子では…

乳化剤

酸味料

香料

人工甘味料

酒精

ケーキでは…

膨張剤

(ベーキングパウダー等)

タール色素

(赤色、黄色、青色、緑等。天然色素を除く)

他にもここではご紹介しきれないほど用途に応じたものが沢山あります。

最近の健康ブームに乗っかって、天然の物から添加物を作る『天然添加物』というのもあります。



キッカケは『食べなかったこと』

私は以前肉体労働をしていました。

朝は早く夜は遅い毎日で、ジャンクフードを仕事帰りに食べたり、お手軽にお腹を満たすことが頻繁。
「明日もこれで頑張るんだ…」なんて言って、スナック菓子や甘いものを好んで食べていました。

疲れているとどうしても、脂っこいものが欲しくなってしまうんです。

そういう時ってありますよね笑

しかし仕事もどんどん忙しくなり、朝の5時から夜の10時まで仕事をする日々が続いたのこと。

さすがに間食したりジャンクフードを買いに行くエネルギーもなくなってしまいした。

けれどもトイレである日気付いてしまったのです。

「疲れているはずなのに、便の調子が良い⁉」

色が濃く匂いが強かった便が、
日が経つにつれ、薄茶色で匂いも薄くなったのです!

そしてどんどん快便になり、1日で出る回数も増えていきました。



食生活を振り返ると

人, 女性, 食べ物, 屋外 が含まれている画像

自動的に生成された説明

「そう言えば、いつからお腹の調子が良くなっただろう?」
と振り返ってみると、買い食いをしなくなってからでした。

「これはもしかして、ものすごく関係が深いんじゃないの⁉」

と私はなんだかワクワクしてきたのです。

その反面怖くもなりました。

好きなように食べたいものを食べている時、腸内って地獄のようになってるんじゃ…と。

それでは好んで食べていたものをまとめてみましょう。

・安価で美味しい物

・味が濃く脂っこい物

・どう考えたって身体に良いわけがない物

ラインナップを見て、酷い食生活だなと正直落ち込みますよね、私も落ち込みました笑



試してみた

そこで私は、仕事がひと段落つき、買い食いが出来る時期になるのを待って試してみました!

【添加物が多く含まれた『お手軽で美味しいもの』を食べる週】

・体重増加は気にせず食べる

・スナック菓子やケーキも食べる

・食事は作らず冷凍食品を食べる

【できるだけ添加物が入っているものを食べない週】

・スナック菓子やケーキは一切食べない

・飲み物もお茶と水だけ

・食事はできるだけ自炊

これを1セットで2サイクル繰り返します。約1か月ですね。



想像以上の結果

1サイクルが終わった頃には「すごいことになりそう」という感想がありました。

しかし最後の週はもっと驚きました笑

結果

添加物が多く含まれた『お手軽で美味しいもの』を食べる週】

・便が黒い

・匂いがきつい

・かたさが定まらず、軟便の時が多い

・毎日出ない

【できるだけ添加物が入っているものを食べない週】

・便が薄茶色

・匂いが強くない、または無臭

・かたさが一定。バナナ状の時もある。

・毎日出て、多い時は2回

凄いですよね!こんなにはっきりと結果がでるとは思っていませんでした!

もちろん、
【添加物が多く含まれた『お手軽で美味しいもの』を食べる週】から
【できるだけ添加物が入っているものを食べない週】へ


シフトチェンジする際、すぐに変わるわけではありません。でも、2、3日すると全然違ってくるんです。

この実験で私は、添加物が悪いのではなく、『添加される食品』が基本的に腸内環境に良くないと感じました。


まとめ

添加物が入っている可能性の高い食べ物

・安くて美味しい物

・賞味期限の長い物

・味が濃く満足感がある物


添加物が腸内環境に直接悪さをしているわけではなさそうですね。


そもそも添加物が含まれる食品は、どれも太りそうで、身体には良くないとされている物。

だとしたら、こうした食品を「安くて美味しい」からと言って、食べ続けてしまうのは、少し考えた方が良いかもしれませんね。

『便は身体からのお便り』というように、便は腸内環境の状況を教えてくれます。

腸は体の中でも特に大事な免疫器官です。

毎日気持ちよく生活するために、食生活を見直してみませんか?




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら