健康診断の結果を見て肩を落としたことはありませんか?

基準値の数字と自分の数字を見比べるて「あ……」なんて思ったこと、生きていれば何度かあるはず。

私も会社の健康診断で「あ……」と思ったことがあります。

検査項目にはズラリと文字の羅列。それぞれが意味することを漠然と想像し「いや最近疲れてたし」「ここんとこと忙しかったし不摂生が出ただけよ」なんて、一体誰に言い訳をしているのか。

しかしその焦りが功を奏したのか、「ちょっと改善してみよう」と試してみたある果物が2か月後の『中性脂肪の値』を下げたのです!

一体何が数値を下げたのか、気になりませんか?

そこで、『中性脂肪の値も下げて、腸内環境も良くする素晴らしい果物』と私の体験談を紹介しましょう!

中性脂肪とはどんなもの?

テレビをザッピングしていると『中性脂肪』という言葉を聞いたことはありませんか?健康志向の番組や製薬メーカーのCMでもよく耳にします。

「聞いたことはあるけれど『脂肪』っていう言葉がついているから、無い方が良いんじゃないの?」と思ったこともあるでしょう。何を隠そう、私も思っていました。無いに越したことは無いと。

中性脂肪とは血液中の脂肪の一つ

【モノグリセリド】

1つの脂肪酸と

グリセロールが結びついたもの

【ジグリセリド】

2つの脂肪酸と

グリセロールが結びついたもの

【トリグリセリド】

3つの脂肪酸と

グリセロールが結びついたもの

(これが私達の身体で多い)

※グリセロールとは三価のアルコールの一種

良い面

・身体を動かすエネルギーとなる

・情報伝達物質にもなる

悪い面

・過剰に摂りすぎると肥満

・動脈硬化の危険性

ですが、やはりなくてはならない物なのも確かです。人間の身体って凄く絶妙なあんばいで構成されているというのがわかりますよね。

健康診断の結果…中性脂肪は…

会社の健康診断の結果が返ってきて、実は少し落ち込みました。

中性脂肪

【基準値】

30~149 mg/dL

【私の結果】

104   mg/dL

「基準値だけどなんか少し高い方に近いような……」と。

私は20代の中肉中背で、華奢というよりは筋肉質な方です。確かに食べたいものを食べてはますが肉体労働なので、ぶくぶくと太る事はありません。

そしてこの診断結果で「見た目と血管は別なのね」と初めて気づかされました。

食生活のツケは年齢関係なく回ってくるという事なのです。

意識することが何よりも大事

父親は脳梗塞と狭心症をやりました。今では元気にしていますが、当時は大変そのものです。

昔の彼は仕事に忙しい営業マンで、昼食は外で、帰宅は遅いため深夜に脂っこいもの…。

極端に肥っているわけでもなかったです。しかし歳が行った頃にツケがまわってきた例が身近にいると、他人事じゃないとゾッとしますよね…。

そう思った私は『中性脂肪を意識した生活』に取り組む事にしました。

そのためにはまず中性脂肪の数値を下げる食べ物と上げる食べ物を知らなくてはなりません。少しご紹介しましょう。

中性脂肪の値を下げる食品

・生の青魚

・大豆製品

・大根

・鶏のささ身

・納豆

・リンゴ

中性脂肪の値を上げる食品

・揚げ物全般

・ラーメン

・チャーハン

・ハンバーグ

・ケーキ

・お好み焼き

中性脂肪の値を下げる食べ物に着目しました。確かにどれも良さそうです、が、なかでも面白い食べ物が見つかったのです!

リンゴは中性脂肪に良いだけではない⁉

リンゴは中性脂肪の値を下げて、腸内環境を良くする

という実験があったのです。「え?一石二鳥じゃん?」と思いました。腸内環境には納豆などの発酵食品が良い事も知られています。しかし既に納豆は夕食に毎日食べているのです。

納豆を倍に増やして食べたところで、これ以上の期待はできないと思いました。

と言うより、納豆は1日に1食で十分です笑

試した方法

【朝】

朝食としてリンゴ1/2

【晩】

食後に1/2

※およそ2か月(できるだけ毎日)

結構お腹膨れます笑 よく噛まないと飲み込めないですから、その分満腹感も出てきます。

多少お金は張りますが、お菓子や買い食いをしなければ経済面は痛くありません。

あわよくば痩せないだろうか…とも思っていましたが、普通に三食食べる以外にリンゴをプラスしただけなのでその気配は全くなかったです!

試している期間、中性脂肪の値は実感できません。ですが腸内環境の更なるグレードアップは実感できました。

腸内環境で実感できたこと

・便が毎日でる

・匂いが強くない

・比重が軽いのか、便が浮く(理想的です!)

突然舞い込んだ再検査

中性脂肪と腸内環境のためにリンゴを続けて2か月ほどが経った時です。

丁度繁忙期だった(社内も殺気立っていた)という事もあり、原因不明の体調不良が続きました。その時期は必ず身体のどこかを壊します。貴重な休日を使い、念のため病院へ。

血液検査や他の検査を洗いざらいやってもらい、その後に検査結果を元にドクターとお話をします。『特に異常はなし』。

「ストレスにつける薬はないわ」と自分で落としどころを見つけ、もらった血液検査の報告書を見ると……。

中性脂肪

【基準値】

30~149 mg/dL

【私の結果】

89   mg/dL

驚くべき結果が出ました!

中性脂肪の値がかなり下がっていたのです!

ストレスや疲れからくる体調不良ではありましたが、数値は健康そのものです。

「ほんとにリンゴなの?リンゴの力なの?」と逆に半信半疑になりましたが、何を隠そう数値が証明してくれています。

正直これが嬉しすぎて、「『特に異常はなし』?じゃあオールオッケーじゃん」と気分までガラリと一変。

ようやく中性脂肪の値の変化を実感できたのです!

まとめ

腸内環境を良くし、中性脂肪の値を下げる食べ物…

それはリンゴ

もちろん他の『中性脂肪の値を下げる食品』も、その数値の低下が望めると思います。

ただリンゴはそれらに比べ選ばれるべき点が多いでしょう。

選ばれる点

・間食に食べるのに最適

・煮たり焼いたりせずともそのまま食べる事が可能

・調味料を加えなくても美味しい

・1個食べればかなりの満足感がある

・1食に置き換える事も可能

これだけ食べやすくて美味しいのは、ある種果物の特権です。

その果物で中性脂肪の値が下がり、腸内環境が良くなるなんて儲けもんですよね⁉

是非リンゴを食べて、ツケのまわってこない将来を期待しましょう!




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら