わさびって実は8つも効果があるのを知っていますか?

わさびっていうと罰ゲーム使われるか、
もしくは、お寿司の隣になんとなく置いてあるイメージをずっと持ってました。

わさびには醤油が必ず一緒にいて独り立ちできないやつ、
半端ものみたいな勝手なイメージが私の中にありました。

殺菌効果があるとか聞いたことはありましたが、
そんなにイメージも他になく、わさびで話すことなんかないとすら思っていました。

効果っていっても、調べてもそんなにないんじゃないかなと思っていたんですが、
実はたくさん効果がありすぎて、
これは知らなきゃ損だなと思ったので、今回ここで紹介していきます。

しかも、摂り方にも”秘訣”があるんです、それは最後の方で紹介していきますね!


最初に、わさびとは?

改めてわさびのことを知っていきましょう。

まずは食中毒菌に有効です。
これはもうみんな聞いたことがあるし、知っていると思うのですが
大腸菌のO-157とか、黄色ブドウ球菌、ピロリ菌なんかにも殺菌効果があります。

こんなものはもう聞いたことがあると思いますが
さらには消化吸収を助けて、
腸内細菌のバランスを整える働きや脳の活性化を促す効果なんていうのもあります。

ここまででも結構十分活躍できる存在になってきた感じがしますね。

でもまだこれは序の口というか、聞いたことある程度の内容ですからね。

まだまだ8つの効果の内の1つです。

わさびの効果が8つある?

わさびには最初に説明した通り8つの効果があります。

・殺菌
・抗菌
・炎症抑制
・血栓予防
・抗がん作用
・抗酸化作用
・アンチエイジング
・解毒作用

並べるとギョッとするくらいにあります。
解毒作用がありますが、さらにわさびにはデトックスダイエットに有効であるといわれています。

その理由には
分解しにくい物質を排出したりする効果が上げられます。

分解しにくい物質としては
・化学物質
・重金属
・紫外線
・放射能
・電磁波など(染色体の異常を抑制→結果抗がん作用になる。)

この分解しにくい物質というのをわさびの効果で解毒してくれます。

わさびのことを私はずっと見下して来てましたが、いきなり見る目が変わって来ました。

でもそんなに食べないですよね。
効果があるって分かったところで、
わさびって使う料理もほとんどないし、
鼻にツンと来るからそんなに大量に罰ゲームでもないのに食べないです。

ただ、わさび和えなどあるのでわさびを使った料理を取り入れるようにすれば案外摂ることができます。

1日に必要な量は3gと言われています。
これは、ティースプーン1杯程度なので、思ったよりは難しくなさそうですね。

そしてわさびには本わさびというのがあります。
自分でわさびをすって食べれば間違いないですが、

実はチューブタイプのわさびでは効果がほとんどありません。

もしもチューブタイプで効果が期待できるものを探す場合には、
本わさび100%と書いてあるものか、本わさび使用と書いてあるものを選びましょう。

そして摂るタイミングも重要なんです。
傷んだ細胞というのは、寝ている間に修復されます。

この修復作業に入っているときにさらにお助けしてくれるので、わさびは、寝る前、夕食に摂ることがおすすめです。

摂る量としては、3gあれば十分です。

3gっていわれても一回一回計って摂る必要はありません。
だいたいの目分量のティースプーンに1杯もあれば3gです。

山盛り摂っても鼻がツーンとしてしまって罰ゲームみたいになるので、お浸しを作ったらその中に混ぜたりすると食べやすいかもしれません。

私は辛い物が結構好きですが、ツーンとするくらい一気に頬張るときがあります。
そんな時には鼻から息をスーッと抜くと辛みが鼻から抜けていきます。

マヨネーズを食べるとかありますが、
それよりも一番効果が高いのは鼻から息を抜くことです。


意外と知られていないみたいですが、
ほとんどこれをすることでツーンとしたのが一気になくなります。

是非やってみてください。

わさびを大量に食べる罰ゲームとかみますが、
この方法で多少和らぐみたいです。

色んな効果があって炎症を抑制したり食中毒を防ぐ機能が
あるわさびが罰ゲームで使われるというのはなんだかおかしいですね。(笑)


まとめ

・わさびって何?
・わさびの8つの効果
・デトックス効果、有害物質を排出
・本わさびを選ぶこと
・摂るタイミングは寝る前、夕食
・1日に摂る量は3gがベスト、ティースプーン1杯分

わさびはやっぱり和食との相性がいいので、
和食料理をなるべく夕食に持ってくるだけでも、
結構摂るタイミングが作れると思います。

しかもあんまり油っこい料理も少ないですし、手間もかからない物が多いです。

和食はさっぱりとしているので、
寝る前の夕食にわさびを食べて、緑茶とかも食後に摂るようにすればゆったりとした夕食がイメージ出来ます。


最近は回転寿司もそんなに高くないので
時々はお寿司とを食べに行ったりした時に本わさびを使っているかとかチェックしてみてください。

私はよくわさびを食べるのですが、
回転寿司に行った時にわさびを見ると結構お寿司屋さんはこだわっているみたいですよ。

わさびはがん予防にもなるようなので、毎日じゃなくても、なるべく摂るように心がけてみましょう。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら