時代の変遷とともにどんな食品に対しても『健康志向』が叫ばれるようになってきましたね。


ちょっと前までは発酵食品や野菜などがその代名詞であり、それ以外の食べ物や飲み物は『健康枠』からは外されている印象でした。


ですが最近はジュースなどの清涼飲料水のパッケージにまでも『乳酸菌』という文字が見受けられるようになりました。「少しでも体に良い物をとりたい」という消費者の気持ちが反映しているようです。


その中に、近年発売された新進気鋭の清涼飲料水があります。

私は清涼飲料水を口にする時はほとんどと言っても良いほど、それを選択しています。


ではその清涼飲料水の魅力と、摂取による体験談をご紹介しましょう!

世に出回った新たな乳酸菌

医療従事者である夫が学会に参加した時の事。

「こんなん出とったわ!これは新しいでー!」とテンション高めで見せてくれた紙がありました。

それは小難しい資料ではなく(私は難解な情報が処理できません笑)、両面フルカラー印刷のペラ紙。


ペットボトルやヨーグルトが綺麗に刷られているため、広告だという事は一目でわかりましたが…何せカタカナやローマ字が多くあまり読み込む気持ちにはなりませんでした笑


夫がその後もベラベラと勝手に続けていたのでなんとなく、うんうんと聞いていましたが……どうやらこの広告に記されている食品の乳酸菌はかなり先進的で、今までの乳酸菌と類を見ないというのです。


「これからはプラズマ乳酸菌が脚光を浴びる時代やで!」と夫は宣っていましたが、なるほど。

広告にデカデカと書かれている『プラズマ乳酸菌』と言うのは、その活動範囲が腸だけではないというのです。

プラズマ乳酸菌の正体

プラズマ乳酸菌とは、キリンと協和発酵バイオの共同研究で新しく名付けられた乳酸菌の名前です。私達が普段乳酸菌と耳にした場合『腸』や『腸内環境』はたまた『腸内細菌叢』を想像しますよね。


ですがプラズマ乳酸菌は腸内環境の改善や向上という環境整備にとどまらず、その一歩先を行く乳酸菌として注目されました。腸内環境を通す事でその人の持つ免疫機能を底上げする力があると言われているのです。


プラズマ乳酸菌を取り入れる事で、免疫細胞の司令塔・樹状細胞が活性化し、更
にその司令塔の末端で働く細胞がいかんなくその実力を発揮できるという物。


免疫細胞の司令塔の元で働く細胞群

・NK細胞(ナチュラルキラー細胞)

異常な細胞を見つけて排除する

・B細胞

抗体でウイルスを攻撃する

・キラーT細胞

ウイルスに感染した細胞だけを殺す


私達が普段口にする乳酸菌は、NK細胞にはよく働きかけをします。むしろNK細胞だけを酷使していると言っても過言ではありません。


しかしプラズマ乳酸菌はNK細胞だけに仕事をさせるのではなく、免疫細胞の司令塔・樹状細胞を活性化させる事で、全体の士気を上げるのです。


いい加減な上司の下で特定の部下だけ頑張るのではなく、上司が頑張り采配を素晴らしい物にする事で会社全体の成長が臨める、という事です笑

プラズマ乳酸菌の腸内訪問

腸は人間の最大の免疫機関であり、病気やアレルギー、インフルエンザなどの巷で流行する感染症とも大きく関わりがある事は、最近は常識になりつつあります。


腸さえ鍛えればあらゆる病に勝てると言われているほどで、多くの学者さんがそれについての読本も出されています。


ですから先ほど述べたプラズマ乳酸菌は必ず腸内へお邪魔する必要があります。

しかしこのプラズマ乳酸菌、面白い事にその訪問方法がヨーグルトだけではないのです。


キリンと協和発酵バイオが共同研究をしたと記しましたが、小岩井乳業も参戦しておりそのラインナップは実に豊富。プラズマ乳酸菌を含んだ商品・『iMUSE』という商品についてここではご紹介します。


iMUSE製品の多様性

・ヨーグルト(飲料タイプのヨーグルトも含む)

・清涼飲料水

・タブレット

など多岐に渡っています。


なかなか一つのブランドがここまで枝分かれする事も珍しいですよね。


夫はいつも自分が食べているヨーグルトに加えて、iMUSEのヨーグルトと清涼飲料水をネットで爆買いしました。


私は既に相性の良いヨーグルトがあるため、ヨーグルトでの浮気はせずに(実際は隠れてしていた)、清涼飲料水を御裾分けしていただく事にします。

ジュースを飲みたくなったらiMUSE一択

もともとほうじ茶や白湯派の私ですが、まれに「とにかくジュースが飲みたい!」という衝動に駆られる時があります。

そんな時は段ボールで家に鎮座するiMUSEを飲むと決めています。

淡白ですっきり、ほのかなレモン味。


馬鹿に甘いジュースを飲むと虫歯になりそうで気が引けるのですが、さらっとした風味なので罪悪感もありません。そして味よりも何よりもその実力たるや。


他の追随を許さぬ唯一無二の存在です。


よくわからない乳酸菌が配合されているジュースを飲むよりは、出生のはっきりした才能あふれる乳酸菌を飲みたいというのは、腸内環境を気にして生きている人間にとっては至極自然な選択なのです笑

iMUSEと出会ってから

振り返ってみれば風邪をひかなくなったなあと思います。

もちろん日常的にヨーグルトを食べているので、腸内環境はすでに整っているのかもしれませんが、それにしたって全くひかなくなりました。


それがiMUSEのおかげかをはっきりと裏付ける事はできませんが、否定を裏付ける事もできません。しかし「これは体に良い」と期待して口に物を入れる事は体に大きく影響すると言われているのは確かです。


アスリートを対象に研究した物では、「これが自分の体に良く作用している」と思って食品を食べた場合とそうではない場合のパフォーマンスが違うと言うから不思議。


iMUSEのヨーグルトにも隠れて浮気をし、堂々とiMUSEの清涼飲料水を飲んでいたので、トータルで見れば私もなかなかな量のプラズマ乳酸菌を摂取していた事でしょう。


私の免疫機関がしっかりと仕事に励み、精力的に活動していた事は、風邪をひかなくなった事で実感しています。

まとめ

プラズマ乳酸菌を配合されたiMUSEは、腸内環境の改善や向上だけではなく、更にその上を目指します。

iMUSEを選択する事で変わる事

・免疫細胞の司令塔を怠けさせない

・指令を受ける細胞もそれぞれが活動的になる

・免疫機能の改善に期待ができる


iMUSE自体はまだあまり周知されていないのか、場所によっては販売されていない事もあります。

しかしビッグネームに押されてよくわからない乳酸菌が配合された商品を摂り続ける事よりも、まだあまり認知されていない有能な乳酸菌を摂る事の方がはるかに賢明なのは確かです。


身体に良いか良くないかは、ネームバリューでは決まりません。

iMUSE製品、試し続けるとそれがよくわかるでしょう。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら