ダイエット方法は何が嘘か本当かわからない程この世に溢れています。


数年前はテレビで「あれが良いこれが良い」と言っていたのに、今はもう淘汰されていたりなんてザラ。


でもそれは科学が発展し解明できる事が増えるにつれ、変化していくもの。

大昔のダイエット方法が現代も生きているのならば、皆理想の体を手に入れていて、『ダイエット』なんて流行りませんからね笑


私も人並みに、氾濫するメディアに踊らされていた経験があります。


しかしそれを試す事で、身体がどんどんおかしくなっていきました。



今となっては「信じる方がおかしいわ」と当時の自分を一蹴するところですが……若気の至りという事で笑


そこで、テレビで取り上げられたダイエット方法を実際に試した私が、の結果についてご紹介しましょう!


冷たい白飯はダイエットの味方!

数年前に、現在でもやっている人気のテレビ番組を見ていた時の事。


その道の専門家が一堂に会し、それぞれの知識を芸能人達に話していくという趣旨の番組でした。
環境の専門家、生物の専門家、医師、科学者、経済学者などが各々に好きな事を話していきます。


その中で医療関係者(医師だったか博士かは覚えていませんが)があるダイエット方法を提言したのです。


『冷たい白飯を食べる事はダイエットに効果的』



というなかなか興味をそそる物でした。

その方は
細かく説明をしてくれ、暖かい状態の白米よりは冷たい状態の白米の方が腸での分解・吸収がスムーズに行われず栄養になりにくい…
という内容を語っていました。



なる程、確かにそれはダイエットをする人間にとっては大変ありがたい情報です。



ダイエットと言っても、野菜ばっかり馬のように食べているのも飽きてきますし(何より出費も凄い)、
主食はどうしても食べたいという気持ちはなかなか収まらないものです。



そもそもよく食べて太った訳ですし、つまり自制心が効かず自分に甘い証拠。

ダイエットを選ぶにしたって自分の都合の良い物を選択してしまう人は実際多いでしょう。



もともとコントロールをできているストイックな方は、『少しでも自分に優しいダイエット』を選ぶ機会すらやってこないですし、必要ないですからね。



私は当時洋菓子店のパティシエとして、朝から晩までの立ち仕事(いわば肉体労働者)をしていたので、
動き回れるためにも『身体のエネルギーとなる炭水化物』をまるっきり排除しないこのダイエットを試してみる事にしたのです。


容易に続く『冷たい白飯ダイエット』

職場には弁当を持参して昼食をとっていました。
電子レンジが備わっている休憩室での昼食でしたが、何の事はありません。弁当を温めないのです。



確か冬場にこのダイエットを始めたのですが、私の住まいは北日本ですから白米はかなり冷え固まります。
白米ゾーンに箸を刺すと、箸の先端に突き刺さった状態(切っていない羊羹につまようじを刺すイメージ)で弁当箱から白米だけが外れます。



凍っている訳ではありません笑

出社してから昼食までが6時間程経過しますし、弁当を置いているロッカールームが寒いだけです。
米が冷え切るには不足がない環境という訳です。



それは晩飯でも応用できました。
当時実家住まいだった私ですが、家に帰ってくる時間が遅いため白米が既に茶碗に入れられラップをかけられていたからです。

白米は温かくないまま食べるようにするのです。



正直、全くと言っていい程苦痛の無いダイエット方法でした。

「大したダイエットだわー」と思う位に手間もなければ金も根性も要りません。

だからでしょう、半年近くも続けられたのは。

様々な効果が出てきた

冷たい白飯って正直、美味しくはありません笑

くわえて固いからよく噛まなければならず、顎が疲れます。



ですから自ずと、食べる白米の量は減るんですよね。

もちろん温かい白米を最初から少なく食べられればそれに越した事はないのですが、
それができないからわざわざ『こんな事』をしているのです笑



ですが、実際に体重を-5㎏は減らす事が出来たのです。まさか半年で!


働きながらこんな事できると思ってなったのでかなり嬉しかったです笑


「学生時代の体型に戻れる!」なんて浅はかな夢を見ていたのもつかの間。なんと他にも望まぬ効果まで出てきたのです……。



体重減少と共に、起きてきた事

・長い間腹痛が続くようになった

・体温がとにかく低くなった

・(思い起こせば)健康じゃなくなった



かなりざっくりと記しましたが、体温はとにかく低くなりましたね。



体調不良で熱を測ると34度台を叩き出した事があります(そして血圧はとんでもなく高かった)。
またそれからという冬は異常な程末端が冷えて、実際に仕事に影響を出した事も。



冬場は頻繁に仕事でチョコレートを扱うのですが、私の手があまりに冷たすぎて固まってしまうのです。



手が温かくない人がチョコレートに向いているのですが(テンパリングを壊さないため)、それも限度を超えると論外です。



放射温度計で自分の手の表皮を計測すると16度だった事もあった程。

ただその時は、何が原因かとわからないものなんですよね……。


発狂必須の腸内環境

ダイエットを止めたのは、恐らく満足のいく体重に到達したからでしょう。


その当時は頻発する体調不良の原因を職場のストレスのせいにしていたので「仕事辞めない限りは多分健康にならないわ」と考えていました。



しかし一昨年に潰瘍性大腸炎の夫と出会ってからは、腸についてかなり勉強するようになりました。


夫が医療従事者というのもあり、ソースのはっきりしない文献は一切却下され、論文か医師の書いた本をひたすらに読みます(もちろん私にはそれらを取捨選択できる能力はありません…)。



勉強していくうちに、どんどんわかった事が一つあります。


『冷たい白飯ダイエットは絶対にやってはいけない!!!』



そんな文言はどこにも書いてありませんが、私は完全にそう着地しました。



なんと腸は、36.5度以下を下回ると善玉菌よりも悪玉菌が活発になるのです!



そして人間の最大の免疫機関は8割から9割が腸。その腸を冷やすと言う事は、腸内環境を劣悪な物にし、免疫機能も大幅に下げてしまうのです。



つまり自分のやっていた事は、『体重減少と引き換えに、免疫機能を下げ、ただの虚弱体質にしただけ』という事だったのです。

正直完全にその理解ができてしまいました……。

なぜなら……思い起こせば私が数年にわたる体調不良になったのも『ここから』だったかもしれないからです。



体重減少と共に、起きてきた事(よく振り返ると)

・平気で2,3週間は続く原因不明の腹痛

・細菌やウイルスが原因での婦人科への通院

・膀胱炎

・異常な程の冷え


どうりで菌に弱くなった訳ですね。一時は入浴するのも恐怖でできない位菌を恐れた時期もありましたから。
私は自分の腸内環境を自分でぶっ壊したのです……。


未だに放送される冷たい白飯

冷たい白飯ダイエットを止めて以来、健康重視の生活にシフトチェンジをしたのでダイエットは全くしていません。

「ダイエットそのものに関心がなくなった」という理由もありますが。



最近ふとテレビをつけると、私が冷たい白飯ダイエットをするキッカケになった番組が流れていたので漠然と見ていました。



なんとまだ『冷たい白飯を食べる事はダイエットに効果的』と言っているではありませんか!

当時言っていた方かどうかは定かではありませんが正直驚きました。



一緒にテレビを見ていた夫に「私これやって痩せたけど、ほんと身体ダメになった!」と言ってみせると「こんなの真に受けてたん!?どう考えてもあかんやろ」とむしろ怒られる始末。



夫の説明ではありますが、「恐らくダイエットのプレゼンをしている人間は、理論上で語っているだけ。

それを実際に継続してどのような健康被害が出るかまでは、わかっていてもいちいち言わないだろう」という物でした。「そもそも好きに食ってきた癖に、健康的に痩せようという気持ちが論外。


「痩せたきゃ食べるな。食わんかったら痩せる」と耳の痛いお言葉までいただきました……。


そうですよね…金もかからない楽に痩せる健康的なダイエットなんて、ないですよね。


まとめ

冷たい白飯ダイエットは、白米という炭水化物の吸収を悪くする事で成しえる危険なダイエット。


冷えたものを取り入れる事で腸内環境をダメにし、身体の免疫機能を下げる可能性が実に高いのです。


冷たい白飯を食べ続けると

・腸が冷えて善玉菌が活動しなくなる

・腸内環境が悪くなり免疫機能が下がる

・免疫機能が働かなくなる事により想像もつかない病気を呼び込む

腸は絶対に冷やしてはいけません。



自分の体のバリア機能を自らの手で壊してしまう事は、とにかく何でも病気を拾い上げてしまう事になります。

体重減少を喜ぶどころか、病院好きな体を手に入れるだけになってしまうのです。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら