アレルギーがなく,元気に過ごしているから,いくらでも食べて問題ないと思っている人も多いと思います.原因不明のおなかの不調や頭痛,だるさなどありませんか?

グルテンフリーのすすめ

おなかの不調,頭痛,だるさ、痩せにくいなどなかなか改善しない不調がある人いませんか?

試しにグルテンフリーをおすすめします♪

小麦にはグルテンというたんぱく質が含まれています.パンやパスタはもちもちとした触感がありますが,その粘りや弾力のもとがグルテンです.グルテンが腸での消化吸収のトラブルを引き起こすと言われています.グルテンは非常に消化しにくいたんぱく質なのです.

グルテンは「腸の粘膜を荒らす」そして「リーキーガット症候群」を引き起こします.

リーキーガット症候群とは・・・うつ、イライラ、ADHD、自閉症などの子供の発達障害についても関わりが指摘されています。

かくいう、私も、大の小麦好きです☆うどん大好き、パンも大好きです。こどものころから夕食は麺類と決まっていて小麦がない生活なんて考えられませんでした。しかし、いつも体はかさかさ、かゆくて、ステロイド入りのクリームが手放せない生活でした。化粧なんてし

た日には肌がボロボロ。

父はうどんなら3杯食べる人,母はパン,菓子パン,お菓子が大好きな人でした.そんな私は小麦なしでは生きられない.だってすぐそこに小麦があるのだから.体に発赤がない日はなかった。

風邪でもないのに鼻水が出ることはしょっちゅうでした。疑問にも思わなかった。しかし、それは、遅延型アレルギーでした。

☆遅延型アレルギーとは・・・

原因となる食物を摂取して数時間~数日たってから症状が現れる。

体;頭痛、頭が重い、筋肉、関節の痛み、肩こり、便秘、下痢、消化不良、腹痛、過敏性腸症候群、むくみです

気分;疲れやすい、慢性疲労、イライラ、不眠など

その他;肌荒れ、アトピー性皮膚炎、口内炎、かぜをひきやすいなどです。

小麦の摂取を減らした今、肌荒れや湿疹に悩むことが減りました♪

体重も増えにくくなったかな♪

グルテンに負けない強い腸をつくる食べ方 魚を積極的にとろう

炎症を鎮めるオメガ3脂肪酸をとろう

アマニ油、えごま油、シソ油、魚油などアルファリノレン酸です。DHAやEPAを多く含んでいます。

現代はオメガ6系過多と言われています。身近な揚げ物や炒め物にたくさん使われます。

サラダ油やドレッシングに含まれています。

オメガ3系が炎症を抑えるのに対し、オメガ6系は炎症を促進するという正反対の働きをしています。理想的にはオメガ3系とオメガ6系が1;1でとるとよいと言われています。

青魚とは鯖やあじのように背中が青くて赤身の魚を言います。DHA、EPA, ビタミンA、ビタミンB1、B2が含まれていて、オメガ3脂肪酸をとるには最適です♪

ビタミンD

腸の粘膜に働きかけます。免疫力をアップさせアレルギーを改善する作用があることが知られるようになっています。小腸の粘膜を正常に保ち、免疫の過剰反応を抑える作用があります。食材では魚の内臓に多く含まれています。いわしを丸ごと、煮干し、焼きさけなどお勧めです

ビタミンB群

腸内細菌のバランスが悪いとビタミンB群欠乏に陥ってしまうことがわかっています。B軍のなかのパントテン酸や葉酸、ビオチンなどは食事から得るルート以外に体内でも作られていてその役割を担っているのが腸内細菌と言われています。

多く含む食品は豚肉、うなぎ、たらこ、まぐろ、さば、かつおなどです。

ここまで話すと青魚を食べること、日本古来の和食が腸内環境によいことがわかりますね♪

そのほかにも腸内環境を整えるにはたくさんのことが重なりあい、整うと思います。私が腸内環境に興味を持ったきっかけは妊娠・出産でひどい便秘を経験してからです涙。緩下剤が手放せない。妊娠でのホルモンの影響もありましたが。苦痛で仕方ない。でも病気ではないです。便秘を解消したところ、頑固な肌荒れに悩まされなくなりました♪

また生まれたこどもがひどい便秘体質でした。私が便秘だったから遺伝したのかな?と思い悲しんでいたこともありました。排便時は物凄く泣いて、切れて血が出ました。かわいそうでした。どうしたらいいのか考えてしたことは・・・

総合病院の小児科でこどもの便秘外来をしているところがあり、受診しました。まず、言われたのが、「排便することの恐怖心をなくす」ことでした。

しばらく、緩下剤など使い、いたくないことを覚えさせました。そして、生活習慣の改善でした。主食、主菜、副菜のバランスをとって食べることです。バランスよくたくさんの種類のものを食べられるようになった今、便秘は解消されました。

ちなみに今、パン、麺を食べないわけではないです。以前に比べ減らしたのです。それだけでだいぶ症状が減りました。腸が強くなったのかもしれません。

毎日が健やかに暮らせるように願っています♪


まとめ

・原因不明の体調不良は遅延型アレルギーの可能性がある

・リーキーガット症候群は精神や発達面で多くの影響を及ぼす。

・魚を食べると多くの栄養素を摂取でき、強い腸をつくることができる

・こどもも便秘になる

・バランスよく食べ便秘を解消すると肌荒れがよくなる。

参考文献 ・2週間で体がかわる




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら