みなさんの腸内環境は、胸を張って「良い!」と言えますか?

毎日ヨーグルトを食べるなどいろいろ試している人も多いかもしれませんね。

私も腸内環境のためなら!と、せっせと毎日ヨーグルトを食べていました。

でも、なんだかスッキリしない・・

そんな経験はありませんか?

私はあります!(笑)

ですが、今や便秘とは無縁になりました。

なぜ無縁になったのか、ヨーグルト以外の方法で腸内環境を整える方法を紹介します!

腸と血液の意外な関係

実は腸内環境は「血流」と深い関わりがあることをご存知でしたか?

サラサラできれいな血液が流れている血管と、ドロドロで油のような血液が流れる血管、どちらが健康でしょう?

サラサラできれいな血液が流れる血管ですよね!

腸にも血管が通っていて、絶えず血液が流れています。

この腸の血流が良くないと、腸の働きは低下し、腸内環境も悪くなり便秘になってしまいます。

そのため、血流を改善することが腸内環境改善への近道と言えるのです。

そして血流改善は腸内環境だけではなく、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも繋がります。

では血流をよくするためにはどうしたら良いのでしょうか?

身体を温める

みなさんは冷たい飲み物や食べ物をよく食べていませんか?

「冷えは万病の元」と言われるように、身体の様々な不調を起こします。

まずは身体を冷やさないことが大切。

「血流がいい=体温が高い」ということ。

冷たい飲食物はなるべく控え、身体の中心から温まるように毎日40℃以下のぬるめのお湯に10~15分程度浸かるのがおすすめ。

しかし中には毎日入浴する時間の余裕がない!という人もいますよね?

そういった人は、週末だけでもゆっくり入浴したり、腹巻きなどでおなか周りを冷やさない、などできることを少しずつ取り入れてみてはいかかでしょう。

ストレスが便秘を加速する

普段は毎日排便があるのに、旅行へ行ったり恋人の家に泊まった日は決まって排便がない・・・という経験はありませんか?

若かりし頃の私は、まだ付き合って日の浅い恋人の家に数日泊まったとき、まったく排便がなくておなかが苦しく、困った経験があります・・・(笑)

なぜこういう現象が起きるのでしょう?

実はこれ、普段とは違う環境にさらされた「ストレス」のせい。

人の身体は「自律神経」と呼ばれる、「交感神経」と「副交感神経」のバランスに左右されています。

交感神経は「緊張状態」のときに優位になります。

例えば大事な面接の直前やプレゼン前など、いつもよりストレスがかかった状態のとき。

一方、副交感神経は「リラックス」した状態のときに優位になります。

こちらはお風呂上がりの就寝前や休日など、ストレスがかかっていない状態のとき。

人間の腸は、この「リラックス」した状態のときに正常な活動ができるようになっています。

旅行や恋人の家といった、日常とは違う環境に置かれる=交感神経が優位となり、ストレスがかかった状態だと十分にリラックスができず、腸も正常な活動ができないため便秘になりがちということなんです。

それではどのように自律神経のバランスを整えるのでしょう?

動作、呼吸はゆっくりと

日常生活でよく、焦ったり急いだりしていませんか?

遅刻しそうになって慌てて電車に乗ったり、仕事に追われたり・・

焦ったときや急いでいるときほど、人は交感神経の働きが高ぶります。

こんなときほどあえて意識して、ゆっくり動作をしたり深呼吸をしてみましょう!

こうすることで副交感神経の働きが高まります。

また、運動はランニングよりもウォーキングがおすすめ。

ランニングは呼吸が速く浅くなるため、交感神経が優位になってしまいます。

ウォーキングでゆっくり深い呼吸をすることで副交感神経が活発になります。

ランニングが苦手な私も、ウォーキングなら毎日の通勤で簡単に取り入れられて続けられています。

運動はダイエットにもなるので、無理のない程度で自分が毎日続けられる運動を見つけ、続けてみましょう!

まとめ

・腸内環境には血流が大きく関わっている。

・血流を良くするには、身体の内側から温めることが大切。

・ストレスは便秘の元!ストレスを溜めないこと。

・交感神経と副交感神経のバランスをうまく整える。

いかがでしたでしょうか?

食事では腸内環境がイマイチ良くならない・・という人は、「血流」と「自律神経」を意識してみてください。

便秘とは無縁の生活になることで、きれいな肌を手に入れることも簡単になりますよ!




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら