ある調査で、「職場での周囲の身だしなみでどうにかして欲しい事」の1位は体臭、2位は口臭と匂いについてでした。テレビなどのメディアにも時々取り上げられて話題となっていますし、職場でも体臭が強い人の話題が女性陣の間で盛り上がっているのを聞いたことないでしょうか。

 何を隠そう私も、仕事後の体臭は酷いものでした。
朝、シャワーでしっかり洗っても結果は同じ。後で調べたのですが、ストレス下にあると余計に強い体臭が出やすいようです。
仕事後に飲み会なんて事も少なくないですし、そのメンバーの中に好きな女性がいたら体臭で嫌われたくないですから何とかしたい…

 そこで、体臭を撃退したいストレスの多いビジネスパーソンにお勧めの「洗っても、スプレーしても消えない!その体臭が気になる人に、意外な体臭の撃退方法」をご紹介します。

体からシミ出てくる体臭の原因ってそもそも何?

 一般的に体臭の原因と言われているのが「汗や皮脂に含まれる蛋白質や脂質を皮膚の常在菌が分解、酸化して不快なにおいがするガスを発する。(揮発性成分)」という事らしいのでが…私以外の人もこんな事をふと思う人がいるはず。「1日に何回もデオドラント製品を使ってるんじゃ!!体の中から臭いが出てくるんじゃ!!」と…

 実は体臭の別の要因として、「アンモニア」があるようです。アンモニアは小腸内で体内に吸収しきれなかった蛋白質の分解物質のアミノ酸や尿素などが体内に吸収されないまま大腸に届いて、大腸にいる腸内細菌がそれらをアンモニアに変えてしまい、それが体内に吸収されるらしいのです。*¹

 特に加齢、心理的肉体的ストレスで疲労が蓄積して肝臓の機能が低下すると、より血中のアンモニア濃度が増加して体臭がより強くなるようです。

※1補足

食べ物は胃→小腸→大腸の順には主に食べ物を分解して吸収します。小腸は主に食べ物の分解吸収を行い、大腸は主に水分の吸収が主な機能になります。

体から出る体臭を無くす方法

原因から考えると体から出てくるアンモニア臭を減らす方法は下記の3つあります。取りあえずこれらの3つを実践するために次から私が行った方法をご紹介します。

1.ストレスや疲労を減らす。

2.腸内環境を整える。

3.肝機能を上げる。

体臭を無くすためにストレスや疲労を減らす方法

「そもそも疲労とかストレスって何なのか?」

実は調べたところによると、疲労は運動によるものでもストレスによるものでも脳の視床下部前部帯状回と言われる部分の領域が強く疲労していることが分かっているそうです。
この脳領域は心拍数、呼吸、体温の調節など自律神経にかかわる部分だそうです。

 「視床下部前部帯状回の疲労を取るなんて難しそうだ…」と思って色々と調べると、簡単な方法を発見しました。

「出来るだけ、ゆ~くり息を吐く!!」「へっ?それだけ?」と思うかもしれませんが、深呼吸によりストレスが緩和された研究はたくさんあります。

細かい方法は下記の通りです。
この呼吸方法1日3回程度します。当初は「疲れが取れるというより、リラックス状態が作れる。」という感じでしたが1週間やってみると疲れを感じる日も減ったように思います。

1.肩の力を抜くように、口から出来るだけゆ~くり息を吐く。

2.息を吐ききったら自然にまかせて息を吸う。

3.10回程度繰り返す。

腸内環境を整える

皆さんも一度は聞いたことがある「ビフィズス菌」。

この菌が大腸で酢酸を作り、腸内の酸性度を上げる事で体臭の要因であるあるアンモニアを作り出すアンモニア産生菌を減らしてくれるそうです。

私が試したビフィズス菌が増やす方法は以下の通りです。

1.オリゴ糖を摂取するために「ワカメ」「玉ねぎ」の味噌汁を毎日食べる。

ワカメと玉ねぎはオリゴ糖が入っているし、腸内細菌の大好きな食物繊維も豊富です。

味噌は発酵食品なのでビフィズス菌を含む腸内細菌を元気にしてくれます。味噌は出来るだけ大豆、塩、小麦のみの余計なものが入っていないものを選びましょう。

2.乳酸菌とラクチュロースを摂取るためヨーグルト(砂糖、人工甘味料なし)を食べる。

 ラクチュロースは牛乳由来の乳糖です。このラクチュロースを摂取ると乳酸菌が育ち体内のアンモニアが少なくなるという研究もあるそうです。

ラクチュロースのついでに乳酸菌も摂取できるので私はヨーグルトを頻繁に食べました。

肝機能を上げる

肝機能が下がると蛋白質の分解や解毒作用が上手く作用しないでアンモニアが体内に残留しやすい可能性があるので、体臭を消すためには肝機能を上げる必要性もあります。
私が、肝機能を上げるために行った方法を以下の通りです。

1.紫蘇、キャベツを千切りにして酢をかけて食べる。

これをタッパーに作り置きしておけば1週間程度は持ちます。キャベツにはグレコシノレートという栄養素が含まれているそうで、このグレコシノレートが肝臓の解毒作用を高めてくれるそうです。

更にビタミンUが肝臓の脂肪代謝を促して、結果的に肝機能が高まるとう事もあるそうです。紫蘇にはビタミンAやルテオニンという成分が肝臓の機能亢進に作用してくれるそうです。

まとめ

私の場合1カ月程度で効果を感じました。
効果を感じてからまた、強い体臭が体から出る事はありませんでした。今回のご紹介した要点は以下の通りです。

実践すると感じるのですが、デオドラント製品の使用量も減るし、健康で元気になるので、ビジネスパーソンには必須だと思いました。

1.デオドラントなどで消えない体から出てくる臭いは「アンモニア」が原因。

2.「アンモニア」を作らないように食事には…

a.玉ねぎとワカメの味噌汁を飲む。

b.ヨーグルト(砂糖と人工甘味料の入っていないもの)を食べる。

c.紫蘇とキャベツの酢漬けを作り置きして食べる。

3.ストレスを無くすためにゆっくり息を吐く。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら