腸内の善玉菌を増やす事での健康効果がある事はもう一般常識となっています。
善玉菌を増やすことで、便秘の改善、アンチエイジ、アレルギー疾患の改善、ウィルスや細菌に対抗する免疫力の向上、美肌効果など様々です。

 我が家では、風邪をひきやすい、身体が弱い子供が大きな悩みでした。
子供が風邪をひくと仕事にも行けず、また他の家族に伝染していくという家庭内悪循環を生みだしてしまいます。

更に、最近では新型のコロナウィルスが流行しています。ウィルスから子供達の健康を守り、強い体つくりのために、免疫力の向上を目指して善玉菌を増やす食べ物を食卓に取り入れる事にしました。
そんな我が家で調査した善玉菌を増やして強い体になる食べ物の紹介です。

そもそも善玉菌って何?

 善玉菌が健康に良さそうなのは何となく知っているけど…「善玉菌ってそもそも何なの?」と思いう人もいると思います。我が家でも「善玉ってどんなタマ?」という息子の疑問からそんな話になりました。

 調べてみると、善玉菌とは「腸内に住み着く菌のなかで身体に有用な物質を生産したりして、人にとって良い事をしてくれる菌」というのが大筋の所のようです。

 善玉菌が生産してくる物質は、「乳酸」「酢酸」「プロビオン酸」「酪酸」などがあります。

乳酸以外は全て腸の機能を維持するためのエネルギーになってくれるようです。特に酪酸が大腸では最も重要なエネルギー源となります。これらの物質を生産してくれる菌を増やす事が善玉菌を増やす事となるようです。

善玉菌として、有名な菌が「ビフィズス菌」「乳酸菌」といわれている物です。これらの菌以外にも多くの菌が存在しますが、「ビフィズス菌」「乳酸菌」自体にも多くの種類があります。善玉菌と一言で言ってしまいますが、多くの種類や形があるようです。

善玉菌を増やしてくれる食べ物

1.海藻類

 海藻類には「水溶性食物繊維」が豊富に含まれています。「水溶性食物繊維」は善玉菌の餌になり、便に適度な水分を保持してくれる、腸内環境を良くして善玉菌を増やすには必須の食事となります。

特に、ワカメはスープや味噌汁、サラダに使えますし、冷蔵庫に入れておけば長く保存がききます。

ちなみに、海藻を消化吸収できる民族は日本人しかいないという説もありますし、仮説ではありますが、海藻に含まれるフコダインが新型コロナウィルスなどの重症化に関係あるサイトカインストームを弱めるのではないかとも言われています。

我が家の息子は海藻類をたべなかったのですが、「コロナウィルスをやっつけてくれるよ。」と言ったら、頻繁に食べるようになってくれました。そのため、我が家では子供の嫌いな食べ物はコロナウィルスに効果的と話しちゃっています。

2.ニンニク・玉ねぎ

 ニンニクと玉ねぎはオリゴ糖が豊富です。また、ニンニクに含まれる「アリシン」に様々な健康効果がありますが、殺菌抗菌作用が強い事でも知られています。

12万倍に薄めた液でもコレラ菌やチフス菌、赤痢菌などに対する抗菌力を示すと言われています。国内産のニンニクを積極的に使ってみましょう。

また、ニンニクと玉ねぎはテストステロンと言われる男性ホルモンの分泌も促してくれます。ベッド上で旦那の働きに満足できない奥様は旦那の料理には大量に入れましょう。

3.ヨーグルト

 ヨーグルトは種類によって、ビフィズス菌や乳酸菌の種類が違う為、自分に合った物を探すため色々と種類を2週間ごとに変えながら体調の変化を感じてみると良いと思います。

ヨーグルトの効果的な食べ方として、ホットヨーグルトなどありますが、わざわざ温めなくても食事の始まる前に準備して常温でしばらく置いといて、食後に食べると良いと思います。

そして、ヨーグルトを食べる上で最も重要なのが、砂糖や人工甘味料の入っているのは避けましょう。

プレーンヨーグルトが苦手な人は、砂糖やはちみつを入れずに季節の果物を一緒に食べると良いと思います。

4.発酵食品

 日本人が長生きの要因として挙げられる発酵食品ですが、腸内の善玉菌を増やすのにとても効果的な食材です。

味噌、醤油、酢ですが、特に本物を選ぶようにしてください。特に味噌は放射能汚染による健康被害にも予防効果があるのでは言われています。

毎日、良い味噌で味噌汁を食べると良いと思います。本物の選ぶための注意点は以下の通りです。

我が家では値段的に本物の調味料を変えないかな?
と思っていたのですが、意外に手ごろな物があります。

A.味噌

・材料は大豆、塩、麹だけの物を選ぶ。

・遺伝子組み換えでない大豆を使用している。

・理想は天日干しの塩を使っているもの。

B.醤油

・材料は大豆、小麦、塩だけの物を選ぶ。

・遺伝子組み換えでない大豆を使用している。

・理想は天日干しの塩を使っているもの。

C.酢

・醸造酢を選ぶ。

・材料に化学的に合成した物など、余分な物を使っていないもの。

まとめ

 食事を変える事で我が家には、風邪などの体調不良になる事も少なくなりました。

過信は良くないのかもしれませんが、食事を変えた事で「ウィルスに負けない」「風邪にはかかる事がない」という自信が子供達にはあるようです。

ウィルスや体調不良に悩まされている人は、腸内の善玉菌を増やしてはいかかでしょうか。

1.善玉菌は「乳酸」「酢酸」「プロビオン酸」「酪酸」など有用な物質を作り出してくれる腸内細菌

2.善玉菌を増やすには海藻、ニンニク、発酵食品を毎日食べる。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら