「目が痒い!!」「目ん玉出して洗いたい!!」これを聞いて、「わかる!!」と思う人の大半は花粉症の人ではないでしょうか。

私も田舎から東京に出て来てから花粉症に悩まされるようになりました。そんな中、ヨーグルトなど乳酸菌が花粉症に効くという話もよく聞きます。

花粉症、ダイエット、便秘の改善、免疫力向上の為に腸内環境改善を目的に乳酸菌を摂取するする人も少なくないと思います。でも、いざヨーグルトなど購入しようとヨーグルト売り場に行ってもどれがいいのか?と悩んでしまいます。

そもそも、「なぜ乳酸菌は健康に良いの?」という疑問があります。

それに、乳酸菌が腸の中でどのように作用しているのかは、一般的にはあまり知られてないように思い色々と調べる事にしました。

ヨーグルト、食事法など色々と悩む人に、腸内環境の改善に乳酸菌をどのように使って、どの様にしたらその健康効果の恩恵を受けられるのか…花粉症対策で乳酸菌を使用した私の方法をご紹介します。

乳酸菌ってなに?

 一般的には、糖類から乳酸を産生し、悪臭の原因になる腐敗物質を作らないものを乳酸菌と呼ぶそうです。

この乳酸により腸内を弱酸性にするため、善玉菌が棲みやすい環境を整えます。一方、悪玉菌にとっては逆に棲みにくく増えにくい環境になります。乳酸菌発酵の違いから大きく2種類あるそうです。。

・ホモ乳酸菌

最終産物として乳酸のみを作り出す菌で、乳酸は酸性です。食べ物を発酵させる際に急速に酸性にすることで、発酵が促進され腐敗しにくくなります。そのため、ヨーグルトなど多くの乳酸発酵食品はこの乳酸菌が使われていることが多いようです。

・ヘテロ乳酸発酵

 最終産物として、乳酸だけでなく、ビタミンC、ビタミンB群、酢酸、プロピオン酸、酪酸を産生する乳酸菌です。代表的な菌はビフィズス菌です。人間は身体で作る事が栄養素を作ってくれます。

これらの乳酸発酵により、免疫が正常化して花粉症対策になるなら、腸内の乳酸菌を増やしたいと思いますよね。でも、ヨーグルトなどで乳酸菌を食べていると、本当にこれらの乳酸菌が腸内で増えるのでしょうか。

食べた乳酸菌は腸に定着するのか?

今までは何となく「ヨーグルトなどを食べたらその菌が定着して健康してくれる。」と思っていました。同じように思っている人も少なくないと思います。しかし、現実はそうでないようです。

 よく「生きて腸まで届く乳酸菌」や「100億個の乳酸菌」という謳い文句を目にします。「ホントかよ!!」と突っ込みを入れたくなるのは疑い深い私だけでしょうか。

実は、腸内には約500種類以上、約100兆個もの腸内細菌が棲みついて全ての菌どうしが常に戦い合っています。腸内細菌の種類と割合は、ほとんどが生まれた時から変わらないと言われています。その中にたかが100億個の生きた乳酸菌が来たところで定着しないそうです。

 がっかりしますよね。私はがっかりしました。「今まで、あんなに必死にヨーグルトを食べて来たのに…と。」しかし、外からきた菌を排除しないで、簡単に腸内に棲みつかれては命に関わる事もあります。

例えば食中毒を起こすような菌が、腸内で定着して増殖してしまったらとんでもない事です。そう思うと食べたヨーグルトの菌が定着しないのもうなずけます。

 では、ヨーグルトなのどから乳酸菌を摂取する事に意味はないのでしょうか。

腸内の乳酸菌を摂取する意味

実は、摂取した乳酸菌が腸内に定着しなくても、乳酸菌をとると免疫力アップを期待できるそうです。何故かというと、菌の外膜成分やDNAなどの菌の成分が免疫組織を刺激するため、免疫力アップに限れば乳酸菌の摂取に意味があるようです。

 更に、死んだ菌でも、生菌や腸内細菌の餌になるので、生きた菌にこだわる必要性は無く、ヨーグルトなど乳酸菌を食べる事に意味はあるようです。

一時的にがっかりしただけに「今まで買って来たヨーグルトが無駄にならずに良かった。」と一安心しました。

乳酸菌を利用しながら腸内環境を良くする方法

 でも、結局は「どのヨーグルトが自分に効果的なんだろう?」という疑問がありました。結論は「自分の腸に合った物を探す。」でした。「えっ?自分で探さなきゃなの…。」と思いますよね。

先程も説明したように腸内細菌の種類とバランスが人によって違う為、ヨーグルトは自分に合った物を探すのが基本のようです。

 では、どうやって自分に合った物を探すか?と言う事になりますよね。私の場合は、3週間程度同じヨーグルトを食べてみて、花粉症の症状が良い方向に変化するかを確かめながらヨーグルトを決定しました。

 自分の改善したい症状を確認しながらヨーグルトを選んでいくしかないようです。また、乳酸菌のサプリも同じことが言えるようです。

乳酸菌と合わせて行いたい事

 ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取すると共に、その効果を更に上げたい人は以下の点にも気を遣ってみましょう。私も、ヨーグルトを基本に下記の方法を合わせて使う事で、最終的には花粉症が改善しました。

1.腸内細菌のエサになる食物繊維をとる。

食物繊維のなかでも、腸内細菌が分解しやすくエサにしやすい水溶性食物繊維が豊富な大麦(オートミール)や海藻などを積極的にとったり、ヨーグルトに果物を入れるのも良いと思います。

2.ヨーグルトだけでなく乳酸菌のエサになるオリゴ糖も一緒にとる。

 私の場合は、プレーンヨーグルトに薬局で売っているオリゴ糖をかけました。オリゴ糖も種類があるので、色々な種類を試してみるのも良いかもしれません。

まとめ

 ヨーグルトはとても美味しいと思います。それを続けるだけで、腸内環境が改善して花粉症を撃退できるなんて嬉しい限りです。きっと皆さんも楽しんで続けられると思います。ポイントは以下の通りです。

1.乳酸菌は生きた菌が腸に届く必要性はないので、そこはこだわらなくて良い。

2.自分に合った乳酸菌を探す。

3.ヨーグルトなどの乳酸菌と共に、水溶性食物繊維やオリゴ糖も意識的に摂取する。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら