メタボなお腹を何とかしたい!!と思い、色々と調べると腸内環境改善がダイエットに効果的で、もっとも劇的なのは「断食」らしいとの事…。そこで、最近はやりのプチ断食をし始めた私ですが…。

「あ~腹減った!!」と1日何回も襲ってくる空腹に耐えるのが大変です。慣れればあまり空腹も感じなくなるようですが、慣れるまでに挫折しそうな私でした。

“南雲医師の1日1食”などが有名ですが、それを実行するのは大変です。

そこで、更に色々と調べると断食中に人参ジュースや酵素ジュースを飲む方法もある事を知った私。「少しでも楽して断食を成功させたい!!」そんなところからフルーツ青汁を使ってプチ断食習慣を成功させた体験をご紹介します。

プチ断食の効果と方法

 お腹の脂肪を落とすために、普段の食事に気を使っている人は男女問わず少なくないと思います。私も、ダイエットに腸内環境が良いとの事で、色々と気を使っていました…。
しかし、なかなかお腹周りの脂肪が落ちにくい事に歯がゆさを感じていました。

「ん~何でなかなかお腹の脂肪が落ちないんだろうか?」と考えていると、頭の中でピント来るものがありました。摂取カロリーより消費カロリーが多ければ自然と痩せるはずだから「食べなきゃやせるんじゃない!?」と…

 「お前は、馬鹿か!!あたりまえだ!!けどそれができねぇんだよ!!」という怒りの声が聞こえてきそうですが…。実は、私もそう思っていたのですが、腸内環境改善方法を調べていた時に「プチ断食」があったことを思い出し、方法を調べました。

すると…。何とかなるんじゃないか? と思えるのです。

方法は簡単で、最後の食事から18時間以上開けるという方法です。断食をする時間を設けるためには、朝食を抜く方法が一番楽なようです。例えば、夕食を19時に食べた場合、翌日は13時に昼食を摂ると18時間の断食時間を作れます。

その間には睡眠時間が含まれているので、空腹を感じる時間が少なくて済むという点が大きなメリットのようです。18時間の断食になれたら、「1日1食断食」も出来るようになります。「1日1食断食」をすれば確実にダイエット効果や健康効果が得られます。

プチ断食には、ダイエット効果の他にも、「腸内環境の改善」「宿便が出る」「内臓機能の回復」「デトックス効果」「美肌効果」「免疫力向上」「コレステロール値の正常化」「日中の活動意欲のアップ」など様々な効果があります。

「もうこれは、挑戦するしかない!!」と意気込んで挑戦したのですが…やっぱり空腹に耐えるのが想像以上に大変でした。「あ~もうだめだ…。フラフラする…。」と思い、挫折して何回か食べ物を食べてしまい挫折する日々。

「なんて意思が弱いんだ…。」と思いつつも、空腹を軽減しながら断食できる方法がないかと色々と調べました。

プチ断食の空腹や体調不良の軽減方法

 断食中に食事の代わりに、酵素ジュースや人参ジュースを飲む方法があるとの事で、酵素ジュースを購入しようと思ったのですが、とても高価で続けられそうにない…。

人参ジュースは休みの日なら出来るけど職場にミキサーを持って行くわけにいかないし…。と頭を悩ませていました。

そこで、同じような効果で安価な物を探していた所、「フルーツ青汁」というも飲み物を発見しました!!「それ知ってる!!」という人もいると思います。

私は知らなかったのですが、各メーカーが売り出していて結構有名なようです。

「フルーツ青汁」には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維ともに含まれており、不溶性は腸内に発生した有害物質の排出を促進、水溶性はビフィズス菌や乳酸菌などの腸内善玉菌を増やしてくれます。
断食中にも腸内環境を改善してくれる相乗効果がありそうです。

また、ビタミンB群も豊富です。断食中に体調が悪くなる人は、もともとビタミンB群が足りていない人がなりやすいようです。更にビタミンB群は尿と一緒に排泄されてしまうため、断食中にも摂取する事で、断食中の体調不良を予防してくれます。

ちなみに、ビタミンB群は「B1、B2、ナイアシン、B6、B12、パントテン酸、葉酸、ビオチン」の8種類あります。これらのビタミンは連携を取りながらエネルギー代謝に関わっています。

断食中に、脂肪や蛋白質を分解してエネルギーを作りやすくする事で、ダイエット効果やデトックス効果を倍増してくれます。体の各組織は常にエネルギーを必要とするため、B群のどれが欠けても体内のエネルギーの供給が滞ってしまいます。

「うん!!これでやるしかない!!」と決意して、「フルーツ青汁断食」をしてみました。

プチ断食の空腹や体調不良の軽減方法

 私の断食方法は朝食、昼食の代わりに「フルーツ青汁」を飲み、夕食は蛋白質を多く摂取する。

これを仕事のなる平日だけ行いました。普通の断食と違い、空腹感はかなり軽減され、ダイエット効果はかなり早い段階で感じます。更に、仕事で疲れる事が無くなり、夕食を食べたら深い眠りに入りやすくなり、不眠症がちな状態も改善しました。

更にさらにですよ!!何が一番うれしかったと言えば、食費が減ってお金が溜まった事です。これは思わぬ副作用でした。(笑)

「恐るべし…。フルーツ青汁プチ断食…。」1日1食健康法が有名になるのはこれだけのメリットが早い段階で手に入れられるからなのでしょう。

まとめ

体重は1週間に1.5㎏ペースで落ちていきました。とても速いペースで焦ったりもしたのですが、適正体重付近で体重減少が勝手に止まりました。

腹筋はシックスパックとはいきませんが、縦の線がハッキリと見て取れるのに驚きました。こんな日が来るとは…(笑)恐るべしフルーツ青汁!!皆さんもこの経験をしてみたいと思いませんか。ポイントは以下の通りです。

1.ダイエット+腸内環境改善にはプチ断食がお勧め。

2.他にも、プチ断食の効果には「内臓機能の回復」「デトックス効果」「美肌効果」「免疫力向上」「コレステロール値の正常化」「日中の活動意欲のアップ」がある。

3. 朝食、昼食の代わりに「フルーツ青汁」を飲み、夕食は蛋白質を多く摂取する。これを週5日程度行うように習慣化する。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら