「こんなところで…。オナラがしたい…。」しかし、満員電車の中。最近、プロテインを飲んでいるせいか非常にオナラが臭い…。

 スタイルを良くするために、筋トレを始めたのですが、少しでも筋肥大の為にとプロテインを飲み始めました。
特に、寝る前は消化吸収がゆっくりなソイプロテインを飲む事にしたのですが、どうやらそのせいかオナラが臭い。更に少し便秘がちになってしまったのです。

 ネットなど調べるとプロテインを飲むとオナラが臭くなる人が多いようで、私の様な悩みを持って居る人も少なくないとの事。人によっては便秘や下痢にも悩むらしいのです。

 今回は、プロテインによる“オナラの悪臭”や“便秘”の改善に成功した私の方法をご紹介します。

そもそもソイプロテインで何故オナラが臭くなるのか?

 実はオナラが臭くなる原因は、簡単に言えば悪玉菌が蛋白質の餌となってしまい腸内環境を悪化させるからです。悪玉菌とは有毒物質を発生させる腸内細菌で、大腸菌やクロストリジウムが代表的です。

 悪玉菌は主に大腸に生息しています。腸内に腐敗物を作り出し、有害物質であるアンモニアや硫化水素、アミン、インドールなどを発生させて善玉菌の働きを抑制してしまいます。
それによって、腸内環境が悪化することでオナラが臭くなったり、便秘や下痢が起こります。

「へぇ~じゃあ蛋白質の摂りすぎってよくないのかぁ。」と思いますよね。

でも、筋肥大には体重1㎏当たり2gは必要と言われているので、「どうしたらいいんだろう…。プロテインをやめようかな。」と少しがっかりしてしまいますよね。

 確かに蛋白質は悪玉菌になるのですが、悪玉菌は主に大腸に生息しています。本来であれば蛋白質はその手前の小腸で消化吸収されるものなのです。

小腸で消化吸収されきれなかった蛋白質、要は未消化な蛋白質が大腸に到達する事で、悪玉菌の餌になってしまうのです。特にソイプロテインは他の種類の蛋白質より消化吸収が悪いのが大きな欠点なのです。

 腸内環境は人によって違います。だから、プロテインを飲むとオナラが臭くなったり便通に問題が人によって生じる人と生じない人がいるのです。

何度も言います!!未消化の蛋白質がポイント!!(笑)ネットで、ここまで詳しい内容を分かりやすく教えてくれるのに驚いたでしょ?(笑)

そうなると対策が見えてきますね。1つ目は小腸での蛋白質の消化吸収を効率的にする事。2つ目は未消化の蛋白質が出た場合に悪玉菌以外で処理出来る事です。

ちなみに、悪玉菌は身体全体の免疫力を低下させ、風邪や胃腸炎への感染率を高めたり、有毒物質から発がん性物質を作り出すこともできます。

本当に恐ろしいのはオナラの臭いではなさそうです…。

プロテインでオナラが臭くなる対策方法

1.蛋白質の消化吸収を促進する食材を使う。

 蛋白質の消化不良が要因の1つなら、「蛋白質の消化吸収をよくすりゃいいんじゃん?」という事で、消化吸収を促進するために食事に合わせると良い物があります。

私はこれらの食材を日々の食事に組み込む事にしました。といってもニラと生姜を使った肉炒めばかりですが!!(笑)

1)パイナップル

 パイナップルに含まれる「ブロメリン(ブロメライン)」という成分がありますが、ブロメリンには蛋白質を分解するための酵素が含まれています。

意識的に1日の蛋白質量を多くする時はパイナップルを食べると良いと思います。また、ブロメリンはサプリメントでも市販されているのでそれを利用しても良いと思います。

2)ニラ

ニラのあの独特のにおい成分は「硫化アリル」というもので、胃腸を活発化させて消化液の分泌を促す作用があります。

胃腸を活性化させればスムーズに消化吸収がおこなわれ、消化を助けることにつながりますね。また、肉料理や卵料理に合わせやすいのでとても便利です。

3)生姜(しょうが)

生姜に含まれる成分のなかで、消化促進に効果的なのが「ジンゲロン」「ショウガオール」「ジンジベイン」という3つの成分があるのですが、「ジンゲロン」と「ショウガオール」には胃酸の分泌を促す作用があります。

蛋白質は胃でペプトンという物質に分解されるので、胃酸の働きが重要になります。「ジンジベイン」には、蛋白質の分解をサポートする酵素が含まれており、効率よく体内に吸収されるよう促してくれます。

 さすがに漢方で使われるだけあります。
プロテインを飲んだ後に“すりおろし生姜”“はちみつ”をお湯にいれて“生姜湯”を作って飲むのもお勧めです。夜寝る前に私はこの“生姜湯”を飲むようにしました。

2.蛋白質の摂取量を増やす時はゆっくり増やす。

 蛋白質の摂取量を急激に多くすると身体がそれに適応できずに、消化吸収率が悪くなります。そのため、蛋白質の量を増やす時は、20gていどの蛋白質を1~2週間単位ずつ増やして行くと良いと思います。

皆さんだって家にいきなりお客さんが100人来られても困るでしょ?(笑)身体も同じで、いきなり蛋白質が来ても対応しきれないのですね。

3.野菜を食べる。

筋肉を付けるために真っ先に目が行くのが“蛋白質”です。そして、意外に忘れられがちなのが野菜です。未消化の蛋白質が出た場合に食物繊維が吸収して排出してくれます。

また、野菜により腸内環境改善により蛋白質の吸収力や筋肥大に優位なビタミンなどの生成にも役立ちます。筋肥大に糖質を取る事も必要ですが、それほど多くなくても筋肥大します。糖質を減らしてそのぶん野菜を食べましょう。

まとめ

 蛋白質の消化吸収を意識するようになってから、オナラが臭いのはもちろんですが、オナラ自体も減ったように思います。

そして、何より驚いたのですが…2ヶ月程度の筋肉の成長も感じられたことです。ぜひ、蛋白質の摂取と共に、野菜などを利用して、腸内環境を改善して蛋白質の消化吸収を意識してみて下さい。ポイントは以下の通りです。

1.プロテインでオナラが臭くなるのは小腸で未消化の蛋白質が大腸で悪玉菌の餌になる為。

2.蛋白質の消化吸収を促進するために、パイナップル、ニラ、生姜がお勧め。

3.“生姜湯”を毎日飲むのもお勧め。

4.野菜も意識的に食べる




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら