「あっやっぱりきた!!」と思い、トイレに走る。私は牛乳、ヨーグルト、チーズなどの乳製品が大好きなのだが、これらを食べると必ず下痢になってしますのです。

日本人には多いと言われているので、同じ悩みを持った人は少なくないはず。しかも、「じゃあ飲まなきゃいいじゃん!!」と言うやつが必ず身近にいるのも同じなのではないでしょうか。(笑)今回は私がこの乳製品を食べると下痢になるのを治した方法と、乳製品のデメリットとの上手な付き合い方をご紹介します。

なんで乳製品をとると腹痛や下痢になるのか?

 では何で、乳製品を食べると下痢になるのでしょうか?実は、乳製品に含まれる乳糖(にゅうとう)を分解することができないために発生すると言われています。この状態を「乳糖不耐性」というそうです。

乳糖が分解できないでいると腸内に必要以上に水分を引き込んでしまいます。更に、分解されずに残った乳糖が腸内細菌により発酵して、ガスが発生する事で腸に刺激が加わり蠕動(ぜんどう)運動が活発になります。

これら2つの理由で腹痛や下痢が発生すると言われています。乳製品を摂取して少しするとお腹がギュリュギュルと音を立てて反応したり、私の様に腹痛や下痢になる場合は乳糖不耐性の可能性が高いのです。

私もそうですが、特に症状が現れやすいのが牛乳です。チーズやヨーグルトは、乳酸菌によって乳糖がある程度分解されているので、牛乳よりは症状が出にくいらしいのです。それでも人によっては下痢などの症状が現れます。

「でもなんで乳糖不耐性になるの?子供の時は給食で牛乳を飲んでも平気だったのに!!」という疑問が出てくる人も多いでしょう。私も、なぜ身体に悪そうでない乳糖で下痢をするのか疑問に思っていました。

実は、乳糖不耐症は小腸にある乳糖分解酵素(ラクターゼ)の働きが悪くなるために起こるのです。乳糖不耐症の多くは後天性のものです。これを二次性乳糖不耐症といいます。

「えぇっ~そうなの!!」とびっくりしちゃいますのよね。人間などの哺乳類は、授乳期を過ぎるとラクターゼの動きは段々と低下します。

それは、ラクターゼを作る能力が年齢とともに減少するからです。つまり、遅かれ早かれ最終的には人間は乳製品で腹痛や下痢になるのです。何て悲惨な事実なんでしょうか…。

乳製品をとると腹痛や下痢にならないように出来る無いのか?

 「誰もが最終的に乳糖不耐性になって最終的には乳製品で下痢や腹痛になる。」という事実を受け入れがたい人も少なくないではないのでしょうか…。とてもがっかりしますよね。

「何とかならないの?」という声も聞こえてきそうです。実は…ならない方法があるのです!!

先程も説明したように乳酸菌は乳糖を分解することができます。ヨーグルトやチーズは牛乳に比べて下痢しにくいのですが、これはヨーグルトなどに含まれる乳酸菌が乳糖を分解しているからです。

 と言う事は…「腸内の乳酸菌を増やせばいいんだ!!」という事らしいのですが、「本当にそんな単純な方法で解決するの?」と思う人もいると思います。

 しかし、乳糖不耐症の人に毎日一定量の乳酸菌を摂取してもらった研究では、1ヶ月足らずで腸内の乳酸菌量が増え、ラクターゼが分泌されるようになり、下痢をしなくなったとのことです。

 何を隠そう、実は私も様々な乳酸菌を摂っているうちに腹痛や下痢だけでなく、乳製品を食べた後のお腹の張った感じも無くなりました!

牛乳は本当に体によいのか?

 しかし、ふと疑問に思う事が私にはありました。「下痢になったりするような食べ物が本当に健康に良いのだろうかと…。」普通なら身体に良くないから体の外に排出しようとするのではないかと思ってしまいます。

そこで、色々と調べたのですが、結論は「牛乳は健康に良いと考えるのではなく“牛乳は嗜好品”として楽しむ。」のが良いと思います。参考までに牛乳のメリットとデメリットを下記の通りです。

デメリット
1.抗生物質やホルモン剤が含まれている。

牛乳に含まれる、インスリン様成長因子(IGF-1)というホルモンが多すぎると発癌のリスクがあります。更に、牛乳から52種類の抗生物質が検出されており、これらの抗生物質で腸内細菌の腸内環境が良くなくなるという説もあります。

2.腸内に炎症を引き起こす。

牛乳に含まれるたんぱく質である“カゼイン”は、胃腸内の炎症作用を引き起こすことが認められているようです。

日本人は牛乳や乳製品などのカルシウムを栄養素として吸収すには、乳糖類を分解する酵素「ラクターゼ」が必要なのですが、先程も説明したようにラクターゼは年々少なくなっていきます。

つまり、牛乳を飲んでも分解されず、カルシウムは吸収されず、腸内の炎症を招くことで、腸内環境が乱れ、栄養吸収の妨げになり、免疫力低下に繋がる可能性があるそうです。

メリット
1.水素が発生する。

大腸に乳糖が届くと、腸内細菌によって水素が発生するそうです。水素は抗酸化作用がとても強く、身体にとっては嬉しい現象です。しかし、この水素を発生してくれるかどうかは腸内細菌によるところが大きく、個体差があるようです。

2.下剤として使える。

 牛乳の乳糖により便が緩くなる事を利用して下剤の代用品として使えます。

よく高齢者施設で、低栄養の高齢者に使う“エンショア”と呼ばれる栄養剤があるのですが、乳糖が含まれているため、便が緩くなる人がいるため、下剤の様に使用する事もあるくらいです。人によっては下剤より緩やかに効いてくれるため、便秘が続いた時に飲んでみるのも良いと思います。

まとめ

 “牛乳は嗜好品”として楽しむために、乳酸菌をとって牛乳を楽しむというのはとても健康と楽しみを両立した“牛乳の腹痛、下痢対策”ではないでしょうか。私も、乳酸菌を摂取することで、花粉症や便通の改善とともに、時たま乳製品を楽しんでいます。もちろん、腹部の不快感は無い状態です。ポイントは以下の通りです。

1.乳製品を食べると下痢や腹痛など腹部の不快感は、乳製品に含まれる乳糖(にゅうとう)が原因。

2.乳糖不耐症は小腸にある乳糖分解酵素(ラクターゼ)の働きが悪くなるために起こり、ラクターゼは年齢とともに減少する。

3.乳酸菌は乳糖を分解することができます。乳酸菌をサプリなどで摂取すれば下痢や腹痛は解決します。

4.牛乳は健康に良い物ではないので嗜好品として楽しむ。




私は便秘、、肥満、ニキビ、肌の吹き出物・乾燥とは無縁の生活を送っています。
風邪をひいたとしても、1日2日で治りますし、
病院に行くことも、ほとんどなくなりましたね。
もともと私は肌が強くなく、肌は荒れてましたし、
よく体調を崩し、免疫力が高かったわけでもなければ、
太らない体質だったわけでもないです。

そんなわたしでも腸内環境を意識する生活に
変わったことで自信が生まれ、今までの悩み・コンプレックスは解消されました。
私だけでなく、家族の生活にもいい影響をもたらしています。

どんな人でも腸内環境は良くなりますし
学んでいけば悩み消し自信つけるこができる
私うまみンがどのようにして
腸内環境を改善し、前向きに変わったのか下記の記事で公開しています。

私の腸内環境で自分磨きに対する意識

私は腸内環境の重要性に気づくことができたので、時間をかけることなく、簡単に痩せることができましたし、肌荒れも簡単に改善することができました。
ダイエットや、肌荒れの本質が分かると
運動や食事制限、皮膚科、化粧水などは正直言うと必要ないことが分かります。
子育て、家事、仕事に追われ自由な時間がない、運動する時間がない、今さら食生活を大幅に変えることができない
そんな人でも簡単に腸内環境を良い状態に保つ方法をLINEで公開しています。
*それぞれの用途に最も最適なモノを紹介しています

・LINE@腸内環境ダイエット企画はこちら

・LINE@腸内環境で肌荒れ改善企画はこちら